スーパーFX3200-2®

耐熱性コーティング

写真をクリックしたら、大きくなります。

段ボールにスーパーFX3200-2をコーティングしたものです 段ボールにスーパーFX3200-2をコーティングしたものです
段ボールにスーパーFX3200-2をコーティングしたものです。1700℃のガスバーナーで燃焼を手の平上で実験したスナップです。ご覧のように、藤井氏が手の平に段ボールにスーパーFX3200-2をコーティングしたものを直接載せていますが、熱をほとんど感じていません!
Cardboard from a normal cardboard box that has been coated with Super FX3200-2. The flame is approximently 1700 degrees C but the cardboard does not burn nor even gets black on the side opposite the coating. Notice Mr. Fujii is holding his hand directly on the other side of the cardboard. He can hardly feel the heat.



この動画は、Adobe Flash Playerが必要です。

アセチレン酸素・溶解・溶断実験「熱量3200℃強」

 
  1. 鋼材のボルトが溶解する実験です。酸素バーナーでボルトが解けて線光花火のように鉄が赤く散ったところがご覧になれたと思います。
  2. 鋼材角パイプに「ス−パ−FX3200‐2」を塗布した耐熱・溶解・断熱をアセチレン酸素機具の熱量3200℃強を使っての実験です。
  3. 実験終了、拾数秒後にご覧の様に素手で触れる事が出来ます。

段ボール専用剤

近年地球温暖化と人が会う度に口を揃えて申す馴染みの多い言葉、毎日の様に聴く様に成りましたね、最近特に気候の不安定な環境は人生の行く末がどうなる事でしょうか、大変不安を抱くのは皆様も同じでしょうか。

そんな環境を考えますに危険の多い製品や変化する事で命に影響を与えるような製品や環境は行く末に「脱」としたいものではないでしょうか?

世の中に実績として貢献があって、都合の悪い事を予期もせず開発されたが、とんでもない影響を与えてしまった、新建材の「ホルムアルデヒド」「アスベストの石綿」プラスチックが火災に成ると「猛毒ガス」を発生する、早急に世界を挙げて対処しなければいけない事が大変多く、国際協定として京都議定書等も要約活発化を始められる、私共にはどれ程の事も出来ないが、ささやかながら小さくとも出来るとこから取組まなくてはと、この度段ボールの活用を提案申し上げます。

何方様も段ボールに関する違和感は全くないと思われますがその大きな理由として原料は紙で出来ている事を何方も口を揃えて申すくらい知られている安心感を持っているからと思います。

段ボールは何に使われてますかと聞けば、人は梱包材に使いますと答えるが他にはと問えば、殆どの人は知らないと答える。

不燃・耐熱・耐火・実験写真説明

段ボールで作成した小箱で1個に「スーパーFX3200‐2」を  写真左の内面に塗布された物です。(実験5回目です)



この動画は、Adobe Flash Playerが必要です。

提案事項としては、段ボール製ダクト・段ボール製パレット・段ボール製間柱等・軽いので運賃の削減・扱いが楽だから効率の良い作業性・建材とするならば全体の重量軽減構造に・輸送コスト削減に色々と貢献出来るメリットを貴方は如何に思いますか。


こんなに好いところを 持ち合わせている素材を梱包剤のみだけでは勿体ないむしろ素材的ロスと申すに言い様がないと思います。
Fujiyama Co.,Ltd